【鎌倉の子連れで行ける遊び場 公園③】源氏山公園はピクニックにもおすすめ 桜も見事で年中通して楽しめる

鎌倉の遊び場といえば、外せないのが源氏山公園です。

鎌倉の中心地を見渡すような場所にある源氏山からは、桜や紫陽花。紅葉など四季を通じて鎌倉の自然を感じることができます。

鎌倉で生まれ育った私は小さい頃から遊ぶ場所といったら源氏山でした。友人達と自転車で待ち合わせて山に登り、頂上の広場で遊ぶのが毎日の楽しみでした。

では具体的に源氏山公園で子供がどんなふうに遊べるのか、トイレや駐車場の情報と合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

源氏山公園は自然豊かで桜の花見など一年通して楽しめる

源氏山公園は自然豊かな山で、四季折々の景色が楽しめます。
特に桜が見事で、春先の暖かい季節になると、近所の人だけでなく、遠くからも訪れて花見で賑わいます。

私も小さい頃から毎年家族で花見に行きますが、天気の良い日の源氏山公園は桃色の桜とのコントラストでとても見事です。
しかも源氏山公園は広いので、他の花見スポットでは人がぎゅうぎゅうで場所がない、なんてこともありますが、源氏山はそこらじゅうに桜があるのぇ穴場だらけ。どこかしらで花見スポットを確保できます。
しかもそれでもまだスペースがあるので子供は走り回って元気に遊んでいます。

桜が咲いているエリア以外にも広場や開けた土地があるので、キャッチボールやで楽しむ家族も少なくありません。むしろ家族や友人で遊んでいる子供たちでいっぱいです。

ハイキングコースも多数あるので、私は家族でよくピクニックがてらハイキングコースに行きます。
遊具はなくても広々した場所で思いっきり体を動かせるので、毎回うちの1歳の息子も大満足しています。
開けた場所ではボールで遊んでいる子供やバドミントン、サッカーの練習をしている親子がいますが、息子も混ざろうとするので止めるのはいつも大変です。

スポンサーリンク

源氏山公園の遊具やトイレの有無

源氏山公園にはトイレが2ヶ所あります。

源氏山自体が広いのでいる場所によってはトイレまで遠いと感じるかもしれません。
比較的最近改修されたので、山のトイレで汚いイメージがおるかもしれませんが、しっかり清掃されてて綺麗で、多機能トイレもあり、設備もいいです。

また、園内には遊具はありません。源氏山公園では自然が遊具です。

昔は山の斜面にロープが垂らしてあり、アスレチックのように上り下りして遊べるようになっていましたが、今は見かけなくなりました。
ただ、段ボールなどを持ち込んで、ソリのように斜面を滑る遊びをしている子供たちは多いです。私もよくそうして遊びました。

また山なので木も多いため、木登りをして遊ぶのも楽しいです。園内では木登りをして遊んでいる子供たちが多く、うちの息子も漏れずに木登りを始めたら1時間そこから動かなくなりました。

 

そこにある自然から子供自身が遊びを考え、全身を使って楽しめるので、すごくおすすめです。

スポンサーリンク

鎌倉駅からのアクセス

鎌倉駅から源氏山公園にアクセスするルートは複数あります。

一番メジャーなのは、銭洗弁財天から行くルートと、寿福寺のハイキングコースから向かうルートです。

寿福寺のルートは斜面や階段を登ることになるので、ベビーカーでは行けません。抱っこ紐なら行けなくもないですが、足元がよく見えないと転倒の恐れがあるので十分気をつけて進む必要があります。
私は抱っこ紐で寿福寺ルートからよく行きますが、雨上がりの日などはよく滑るので山道に慣れていない人は危険なので避けた方がいいと思います。

銭洗弁財天側は車も通れる道なので、ベビーカーで登ることができます。傾きがあるのでベビーカーで登るのも大変ではありますが、寿福寺ルートよりは楽です。

ちなみにその他のルートはハイキングコースで大仏から向かうルート、北鎌倉浄智寺から向かうルート、寿福寺よりさらに山奥の扇ヶ谷住宅地や化粧坂から向かうルートなど、たくさんあります。
うちの子は一才の頃から山道を辿って源氏山公園へ通わせていますが、斜面やアップダウンの激しい道を歩くのが大好きで、ニコニコご機嫌で進んでくれます。歩くのが大好きなお子さんならハイキングコース経由で向かうのもおすすめです。

スポンサーリンク

駐車場の有無

源氏山公園には駐車場はありません。ただ、源氏山公園の近くにある葛原岡神社に6台まで停められる無料駐車場があります。

ただし、土・日曜日と巳の日は、神社までの道に交通規制がかかるので進入できません。
その場合には寿福寺または銭洗弁財天付近の有料駐車場を利用することになります。

スポンサーリンク

まとめ

源氏山公園は子供が思いっきり遊ぶのに最適な自然に囲まれた遊び場、公園です。遊具こそありませんが、四季折々の自然から子供自身が自分で遊びを見つけて楽しむことができます。

ピクニックにも最適なので、観光だけでなく、家族でハイキングに来るのもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました